2017年9月10日日曜日

ひさびさにブログ更新

朝晩はすっかり秋めいて、涼しい日が続いています。
今年の夏はなんだか雨ばかりで、涼しかったりと、満喫できずになんだか寂しいような気さえしましたが、その夏も終わりを迎え、街路樹の葉も色づいて落葉しているものもあるとか。

秋といえば「芸術の秋」。
毎年秋になると、コンサートにでかけよう!と意気込むのですが、忙しく予定が合わなかったり、小さい子どもは入場できなかったりすることが多く、最近では自宅での音楽鑑賞が主になっています。

機会があれば、劇場へ足を運びたいのですが、まだ先になりそうです。
ごくまれに(?)、幼児でも入場を許可されているコンサートもありますが、今年も都合がつかず、また、GWノ頃に開催していたアルフォンス・ミュシャ展も、体調不良で行けず。どうして、コンサートや美術展は小さい子供を入場させてくれないのか、いつも悶々と考えてしまいます。

小さいうちからの情操教育が大事なのは目に見えてわかっているのに、日本ではそれを養うところがないですよね。

出来る限り、芸術に触れて生活していくことが目標です。




最近「今、一番人気の作曲家は誰なんだろう?」
と、よく考えたりするのですが、やっぱりショパンでしょうか?
ショパンの優雅なうえに繊細で、情感あふれた曲を誰もが好んでいるのは、私が小さい頃から変わらないような気がします。(←私の周りの人々の間では、ダントツの一位でしょう)

私は、年の初めに、「今年は◯◯を弾こう」と、その作曲家の世界にどっぷり浸かるような目標を立てるのですが、たいていは心変わりをして、ショパン、リスト、シューベルト、ドビュッシー、メンデルスゾーン・・と心変わりをし、そのうちオペラや歌曲の伴奏を弾きだしたり歌いだしたりと、一つに留まることなく、楽しんでいる日常です。
それが楽しいのですけれど。

でも、やはりロマン派が最近の旬、でしょうか。
19世紀のパリで権威のあった音楽評論家による記事にも「ショパンのピアニッシモの美しさ、ニュアンスの細やかさは、この世のものとは思えないほど」だったとしていますので、どんなものか知りたくてたまりません。

ショパンの弾くピアノはどんなものだったのでしょうね。

昔、ショパンの手の石膏像を見たことがあるのですが、私の手と同じ大きさくらいで、私より小指がとても長かったことを覚えています。(女性の手でも、小さい方かもしれません)
この手(ショパンの手)で、これだけたくさんの曲を弾いて、書き残したんだと思うと、どんな幼少期だったのか、どんな人生で、どんなことを思って生きていたのか?いろいろと書籍などに書かれていますが、想像していくこともワクワクします。

今年の秋は、ショパンをもっと深く知る秋にしたいと思います。


お知らせ】
現在、新たな受講生の募集は行っておりません。
募集の再開は、秋を予定しております。
再開の詳細は、決定次第ホームページ上の【お問い合わせ】欄に掲載いたしますので、ご確認ください。



2017年3月22日水曜日

もう暖かくなるだろうか

ついこの間お正月だったような気がしてならないのですが、よくよく考えてみると、雪も降り、バレンタインデーも過ぎ、もう春休みです。

忙しくあわだたしい毎日ですが、なんだかんだ毎月の行事をしっかりこなし、とうとう年度末になってしまいました。

ピアノ声楽教室は昨年の秋から記念CDの作成中で、生徒の皆さんが緊張しつつも、自分の力を最大限出し切れる努力をしていました。生徒さん全員がレッスンの度に成長し、一年前と比べて、本当に上手になっていることがとてもうれしいです。

生徒さんに選んでもらっている曲は、今年もディズニーの曲は大人気ですが、バッハなどのバロックの曲も人気でした。
なんだか聴いたことのない曲でも、練習していくと味が出てきて大好きな曲になった、ということもありますので、まだまだ未知の曲にも挑戦してほしいですね。

CDの制作過程では、いつものレッスンと同じ条件で行っているのですが、やはり緊張するのか、どの生徒さんも【いつも通り】に弾けなかったりしますが、それも経験!
レッスンの時も、自宅で練習する時も、その一曲に集中して取り組んでほしいものです。

さて、今年に入って、忙しく写真を取ることも忘れていましたが、ちょっとだけ撮影したものをご紹介して近況報告いたします。


初めて応援に行った東京マラソンの帰りに、東京タワーに行ってきました。
まだ2月でしたが、早咲きの桜が咲いていました。

 ひな祭り。
私はケーキは苦手ですが、子どもたちは楽しみにしていたようです。
今年も、娘が健康に育ちますように!







最後に、中国人で世界的に活躍する音楽家を輩出したチュウ・ヤーフェンはこんな事を言っています。



生徒たちが学んでいるそれぞれの段階で、目先の成果を期待してはいけません。

いちばん大切なことは、その時期に必要な栄養と肥料を充分に与えることなのです。



音楽に限らず、成長期にある人にとって、難しいたくさんの情報ではなくて、芯の部分となる感情や、感動を与えてあげることが大事なのではないかと思います。



お知らせ】
現在、新たな受講生の募集は行っておりません。
募集の再開は、秋を予定しております。
再開の詳細は、決定次第ホームページ上の【お問い合わせ】欄に掲載いたしますので、ご確認ください。



2017年1月3日火曜日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

元旦から、温かい穏やかな日が続いていますね。
年末年始のお休みも最終日。また明日からは通常の日々が始まりますね。

今年も気持ちを新たに目標に向かって邁進するのみです。

本年もよろしくお願いいたします。

ピアノ声楽教室 庄司

ピアノ声楽教室からのお知らせ】
只今、新たな受講生の募集は行っておりません。