2019年5月3日金曜日

GWなのに、がっかり。でも世の中は年越し雰囲気

4月下旬から家族で胃腸炎が流行りだし、一人目が治った途端に二人目…と熱が出たりお腹が痛かったり。連休前に困ったけど、今のうちに治しておけばGWは自由になれる!と10連休を楽しみにしていたもかかわらず、GWに入ったら大人が胃腸炎、発熱にやられ、今朝まで関節が痛み唸っていた。今日はなんとしても出かけたい予定が入っていて、なんとか一晩で平熱まで下げた。ふう(ヽ´ω`)

最近は疲れが主な原因か、急に発熱しても、喉痛くないし、咳などの風の症状は全く無くて、休むしかない、と考えて、熱を下げるにはどうしたら良いかが自分でだいぶわかってきたので、一日で下げられるようになった。苦しいのは変わらないけれど。

最近、家で流れていたBeetlesの Yellow Submarineという曲があって、うちの坊っちゃんが、「この人たちYellow Submarine に住んでるの?」と不思議そうに話していたことが、印象に残った。聴かせたかったのは、Let It Be だったのだが、まだ難しかったかな。

Yellow Submarine、まさか本当にただのYellow Submarine じゃないだろうから、下調べが必要だ。

でもメロディーは Let It Be のほうが断然心に残ったらしい。
出だしのピアノのイントロから、聴かずにはいられないくらい惹きつけられる。

音楽のチカラってすごいなあ、と思いつつ、 Let It Be ってどんな意味??と聞いてくる息子に「そのままにしていなさい」ってことかな。と話すと、ふ〜ん、と意味深な返答。
何か悩んでるのかな???(´・ω・`)とか、こちらが考え出してしまう次第。

歌にもいろいろあって、元気をくれる歌、応援してくれる歌、恋の歌、自然を歌った歌…などなど。
その中でも、家での一番人気は「応援してくれる歌」で、同じような趣味をしてるんだな。と思う。



実家で面倒を見てもらってる犬猫たち。
けっこう高齢なので、いつも心配になってしまうけれど、ずっと元気で長生きしてね。




あと数日で連休も終わり。
もうGWは諦めたので、ゆっくり休むことにします。





2019年4月27日土曜日

10連休でも予定びっしりかも

ゴールデンウィークがとうとう始まり、10連休の食事はどうしようか・・と少し憂鬱な朝です。

たまにはパンを焼いて手抜きな朝ですが、子供たちはそれでも良いらしく、食べ終わると土曜日朝のEテレを楽しみます。

今年は、土曜日の回数の都合で、ゴールデンウィークの間もレッスンがあります。

新学期ご始まって疲れた身体を休ませるにはちょうど良いくらいかも。

夜は子供達の習い事とショッピングに行かないと!!


さあ、予習復習をして、今日も一日頑張りましょう!!

2019年1月20日日曜日

2019年1月7日月曜日

現在の受講生募集状況

現在、土曜日の15時30からの時間帯のみ受講生募集中です。
また、当教室は振替制度などはございませんので、ご了承いただける方はホームページの「お問い合わせ」欄より、ご連絡くださいますようお願い致します。

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


 さて、新年を迎えてすでに6日が過ぎました。
これからますます寒くなり冬本番がやって来ることを歓迎できない今日このごろです。
早く春になってほしいと願う毎日です。


 前回の投稿から5ヶ月ほどが経っていました。
ブログの存在さえも忘れてしまうほど毎日が忙しく、気づけばあっという間に師走で、あっさりと新年を迎えてしまいました。

それまでの秋〜今まで、いろいろあったわけですが、その細かい内容はまた次の機会に。

 今、昨年秋から闘病中の猫がおりまして、その子の看護に毎日力を注いでおります。
今まで何匹も動物を見送って来ましたが、最後に思い知らされるのは、人間の無力さです。
 闘病中のこの猫も、人間の力が及ばないところの状態に差し掛かってきました。
神の領域、というのでしょうか。

 ご担当いただいている獣医さんにもご尽力頂き、家族も最善を尽くしておりますが、「寿命」というものに対してあがらえない力が働いている気がします。

 今日の今まで、いつも心に置いていたことは、『この子に対して、いつも最善の選択をし続けよう』ということでした。いつも心では葛藤があり、常に迷走し続けていますが、この猫が最期の最期を迎えるときまで、この気持が折れることなく看護させていただけるよう神に祈るばかりです。

 今年も良い年になりますように!


2018年8月27日月曜日

音楽を通じて

やはり、まだまだ暑いですね。

今日は 外は熱気で風が吹いても熱風。

ぐったりする一日でした。

お盆休みも過ぎ、レッスンも再開しましたが、生徒さんたちはそれぞれの充実した夏を過ごしているようで、弾くピアノの色もなんだか明るく、清々しいものでした。

ある、大人の生徒さんは、いつも丁寧に打鍵してくださるのですが、今回のレッスンで、新しい曲を練習、レッスンに臨むにあたり、宿題を出しました。それは、楽譜に書いてあることをもっと奥深く知ること。なぜそうなっているのか?と追求することです。

考えられる結論は人それぞれですが、考えるのと考えないので演奏に違いがでますので、是非やっていただきたいことです。

その生徒さんにこのお話をすると、とても気持ちが高揚している様子でした。きっと楽しみになったのでしょう。もっと違った世界が見られることを楽しみにしているようでした。

音楽をする理由は人それぞれ違うようですが、言葉にするなら、新しい世界を知る切っ掛けになる、ということでしょうか。

これからも、お一人お一人の世界を広げるお手伝いができたらなa・・と思う一日でした。

※ 現在、土曜日 15時20分〜の時間帯のみ、受講生募集です。
  詳細はお問い合わせください。

2018年8月19日日曜日

夏も終盤でしょうか ※生徒募集中です。(土曜日の1枠のみ募集中)

昨日からずいぶん、朝晩が涼しく過ごしやすくなりました。
教室に飾っている花が、毎日咲いて気持ちが良いものです。
ヨーロッパの古典歌曲にも花の名を歌った曲がたくさんあります


それらの曲は、本当に花のことを歌ったのではないと思うのです。
花に例えた「何か」を歌っています。

我が家に咲いた花たちも、毎日少しずつ成長して、蕾が大きくなって、朝には花開きます。
美しい花は世界中にたくさんあります。花だけでなく、動物も。自然に生きるすべてのものが、奇跡です。

今年の夏は、本当に暑い夏ですが、異常気象なのでしょうか。
近い将来、地球はどうなってしまうのでしょうか。

子どもたちが大人になった時、さらに何十年後には、たくさんの動物が絶滅してしまうでしょう。どうしたら、いいのでしょう。未来を背負う人たちで、未来の地球を守っていかねばなりません。
誰も無関係ではありませんね。
どうか、環境保全に力を貸してください。
話は反れましたが、音楽も自然のもの、歌も、ピアノも自然のものです。

風を受け、自然の中で小鳥のさえずりを聴き、感じる心を音楽で表現できたら幸せですね。

どうか、自然の中に身を置き、この星の奇跡を感じてほしいのです。

※ 現在、土曜日の午後の時間帯(1枠のみ)生徒募集中です。

GWなのに、がっかり。でも世の中は年越し雰囲気

4月下旬から家族で胃腸炎が流行りだし、一人目が治った途端に二人目…と熱が出たりお腹が痛かったり。連休前に困ったけど、今のうちに治しておけばGWは自由になれる!と10連休を楽しみにしていたもかかわらず、GWに入ったら大人が胃腸炎、発熱にやられ、今朝まで関節が痛み唸っていた。今日はな...