2015年2月25日水曜日

【お知らせ】2月24日現在、受講生の募集は行っておりません。

あっという間に2月も終盤、春がきたと感じている矢先、明日からはまた寒い日々がやってきそうな予報です。1月はとても長い気がしませんでしたか?

私だけでしょうか?

私自身が寒さが苦手なので、とても憂鬱な気分が続いていました・・・

2月は28日しかないので、1月より3日少ないからか、すぐに3月が来るような気持ちでワクワクしてます。早く桜が咲かないかと心待ちにしております。

そんな願いを抱きながら毎日過ごしていると、本当に桜が咲いていたのでびっくりしました。
自宅近くの桜の木に、何輪かの花を見つけ、もう春はそこまでやってきているんだと実感し、本当に嬉しく感じます。単純でしょうかね。。。





さて、時期的に多い当教室へのお問い合せですが、ホームページ上の「お問い合わせ」に記載しているように、現在、金町教室、中原教室の受講生募集は行っておりません。
昨年夏頃から、募集は行っていない旨をお知らせしているのですが、多くの方から、受講の希望や、レッスン説明会の希望などの連絡を受けております。

何度もたくさんの方にお断りしているのは心苦しく、ホームページをご覧になって頂いている方には大変申し訳なく思っております。


あくまでも予定ではありますが、

☆中原教室は、

今年の10月にレッスン開始の受講生を9月に募集再開したいと思います。(土曜日のレッスンのみ募集)
レッスン説明会に関しましても、土曜日にしか行えませんので、ご都合よろしい方のみ開催することになりますので、ご理解頂ますようお願い致します。


☆金町教室は、

今後受講生の募集予定はございません。ご了承ください。



さて、久々のブログ更新となりましたが、新年を迎え二ヶ月が経とうとしています。
皆さんはどんなことを考え、どのように感じましたか?

私の方は、自身の体調や、家族のこと、世界の動向や、動物のこと・・考えさせられることはたくさんありましたし、悩むことも、心配事もありました。まあ、このくらいは、どなたでも同じでしょうね。

この中の一つ、少し解決しそうな糸口が見つかったような気がしますので、ご紹介します。

音楽家一家を育てたお家の母親に当たる、李 元淑(イ ウンスク)さんは、下記のようなことを言っていました。この方はご自身が音楽家ではなかったですが、子どもたちの最初の先生を、音楽だけでなく、人間的な人を選んでいたそうです。



”感情を表現すること”よりもっと重要なのは
”豊かな感情を感じることのできる能力”を育ててやることだ。
それは先生と父母のやることだ。



この言葉について、皆さんはどう思われたでしょうか?

子どもの可能性は無限だと感じます。親ならば、子どもに夢や希望を抱くのは当然ですし、期待もします。しかし、早い時期に子どもの才能を見つけ出し、その方向に導いていくことが重要、と言っているようです。

道に一輪の小さな花が咲いているとして、「綺麗だな」「美しいな」と感じられる人もいれば、なんとも思わない、そもそも花に気づかない人もいるかもしれません。

動物が好きな人もいれば、なんとも思わない人もいます。人間の言葉を話すことのできない動物や、小さい生き物に対し、相手の気持を考えられる人もいるでしょうし、考えない人もいます。

子育てに関しては、様々な方針が展開されていて、地域によっても違いますし、家庭の方針もあるでしょうし、外野から色々と影響を受けることもあるでしょうし、色々悩まされますが、子どもは生まれてくるとき何も持ち合わせないで生まれてきますので、その後の性格の形成などは環境に左右されます。(3歳までに脳神経の80%が完成すると言われていますね)

何も指導しなかったり、まだ小さいから・・と野放しにしておくと、予想外になるかもしれません。

私も子育てについては悩みますし、何年後かに結果が表れると思うと、恐怖なのですが、
家族と共に頑張って子育てをしていきたいと思う昨今です。



最後に、受講生募集は当分先になりますが、今後もピアノ声楽教室をよろしくお願いします♫