2011年4月19日火曜日

署名のお願い

今日は音楽の話ではないのですが、みなさんに署名のお願いをさせていただきたいと思います。


人気TV番組「ぽちたま」で、ラブラドールのまさおくんと全国を旅している松本秀樹さんが、東日本大震災でペットと共に被災した方たちのために
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』を集めています
http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html


物も今回の震災の被災者です。

被災地のみなさんの中には、必死でペットと共に避難所に着いても断られたり、気兼ねして入らずにいる人達が沢山います。
しかし犬猫アレルギーの方もいますし、本当に犬猫が怖いと言う方も、犬猫が大嫌いだと言う方がいらっしゃるのも現実です。
沢山の声を集めて大きな力を国に届け、一日も早く実現出来ることを切望しています。


被災地で、犬・猫・牛・鳥などの苦しんでいる報道を見ると、本当に心が痛みます。
ボランティア団体が現地入りして、動物たちを保護しておりますが、
もっともっと大きな力が必要です。

上記の署名だけでなく、被災した動物を支援する活動に
ご協力をお願いいたします。

2011年4月14日木曜日

自然の成せる業


やっと春らしい気温が続く季節になりました。

桜は散り始めましたが、ひらひら落ちる桜の花びらがなんと美しいのでしょうね。
花が散るころには、瑞々しい緑の葉が新たな装いを見せてくれます。

桜だけでなく、存在するすべてが春を待っていたかのようです。
この時期、特に”生命”を感じずにはいられません。

私が小学生だった頃、音楽の授業で教えてもらい歌った曲に、
「森は生きている」という曲がありました。

      
         森は生きている
  
     森は生きている
  風だって 雲だって
  小川のせせらぎだって
  生きている


  森は生きている
  氷に閉ざされた
  まつゆき草だって
  生きている


  森と 空を
  私は見た
  生きているものたちの
  笑う声、はなす言葉
  燃えてる火よ あふれる力よ
  森は生きている
  森は生きてる


作詞は 廣波 常敏さん  、作曲は 林 光さんです。 
今でも素敵な曲だな~と思います。

今回の大震災のように、自然の恐ろしさを味わうこともありますが   
自然は、人間に大きな感動を与えてくれていると思います。

土手に咲いている、小さくて気づかれない花も、
花を咲かせない葉っぱだけの草も、
みんな生きているんですね。
よ~く見てみると、
小さな花の色、形、何をとっても美しく、
人間の成せる業ではないと実感してしまいます。