2015年12月20日日曜日

平和を待ちわびる心

先日からめっきり冬らしくなり、年の瀬を感じる今日このごろ。。




今年も残すところあと10日余り。
もうやるしかない!と、昨日は大掃除を実行しました。
クリスマスを迎える前に、まるで大晦日気分です・・

クリスマスもまだ来てないのに。。。。。









実は、一週間前になりますが、日比谷公園でクリスマーケットが開催されるとの情報を得て、なかなか小さい子どもたちを連れては行けないヨーロッパの雰囲気を味わわせてあげたいと、足を運びました。


夕方に現地に到着したのですが、思っていた以上に大混雑で、後悔しました(ヽ´ω`)
お店の殆どが、食べ物屋さんで、プレゼントやクリスマスの飾りを売っているお店は3軒ほど。しかもどの店も大行列で、入りたかったクリスマス雑貨のお店は一時間待ち。小さい子供が立って待てる時間ではなく、寒いしお腹は空くし、人混みの中をなんとか少し歩き、帰ることにしました。
クリスマスの飾りを探そうと意気込んでいたのに、残念でした。



でもまあ、気をとりなおして、これだけでも見れたから良かった!↓


子どもたちもじっと見入っていました。




さて、クリスマス時期にピッタリの曲はたくさんあるのですが、私は合唱曲が好きなので、賛美歌を一曲ご紹介します。この曲はアドヴェントの時期に歌われる曲で、救世主の降臨を待ちわびる曲になっています。もとは古いラテン語の聖歌だったものを19世紀にアメリカ人が英訳、編曲し、現在の形になっています。英語の歌詞で、宗教色の強い内容ではありますが、さすが中世の曲だけあって、厳かな旋律と和声がとても心に響きます。




O come, O come, Emmanuel,

And ransom captive Israel,
That mourns in lonely exile here
Until the Son of God appear.



(Refrain)
Rejoice! Rejoice!
Emmanuel shall come to thee, O Israel.



O come, Thou Wisdom from on high,
Who orderest all things mightily;
To us the path of knowledge show,
And teach us in her ways to go.



Refrain



O come, Thou Rod of Jesse, free
Thine own from Satan’s tyranny;
From depths of hell Thy people save,
And give them victory over the grave.



Refrain



O come, Thou Day-spring, come and cheer
Our spirits by Thine advent here;
Disperse the gloomy clouds of night,
And death’s dark shadows put to flight.



Refrain



O come, Thou Key of David, come,
And open wide our heavenly home;
Make safe the way that leads on high,
And close the path to misery.



Refrain



O come, O come, great Lord of might,
Who to Thy tribes on Sinai’s height
In ancient times once gave the law
In cloud and majesty and awe.



Refrain



O come, Thou Root of Jesse’s tree,
An ensign of Thy people be;
Before Thee rulers silent fall;
All peoples on Thy mercy call.



Refrain



O come, Desire of nations, bind
In one the hearts of all mankind;
Bid Thou our sad divisions cease,
And be Thyself our King of Peace.



Refrain



教会音楽は本当に美しい輝かしいものばかりで、何度聞いていても感動を味わうことができます。

ご興味のある方は、YouTubeでも聴けますので、調べてみてくださいね。

どの宗教を信じていても、世界中が仲良く暮らせればよいと思うのですが、テロや内戦、紛争。もう戦争はやめてほしいですね。難民になってしまった人々、他国へ逃亡の際に命を落とした3歳の子どものニュースもありました。同じくらいの子どもをもつ親として、人事ではないように感じました。

どうか、世界が平和で満たされますように。
悲しみのない世界になりますように、毎日祈るばかりです。



2015年12月10日木曜日

師走

怒涛の毎日を過ごす今日このごろ、ブログどころではなかったので、久しぶりの更新です。
今年も残り20日ほどとなりました。日本人が今年のノーベル賞の授賞に決まりました〜というニュースを聞き、昨年のノーベル賞の話題からもう一年が経ってしまったの?????と信じられない気持ちで一杯です。

今年を振り返る時間さえないような毎日で、もうすぐクリスマスなんだと知っていながらあまり準備が進んでいない状況です。






さて、今日は最近楽しんでいたふるさと納税についてお話したいと思います。

一時話題になってたころに乗り遅れていましたが、最近、広島県のピース・ウィンズ・ジャパンを指定してふるさと納税すると、納税金額の95%が殺処分ゼロの活動に使われると知ったからでした。災害救助犬の夢之丞(ゆめのすけ)も殺処分寸前だったこと、広島の土砂災害の現場で二人の救助に成功したことはニュースでも多く取り上げられていました。

日本中で毎日800頭近く犬や猫が殺処分されています。そんな現状を打破するための手段として、広島県は県内の殺処分ゼロを目指しています。

ふるさと納税では、寄付した側に負担はなく、この活動に参加できるのです。
その活動を少しでも応援したいので、広島県 ピース・ウィンズ・ジャパンに寄付しました。

すると、こんな素敵なものが届いたのですよ。



お米とジャムと夢之丞の書籍です。


気にしなくていいのに・・

でもありがとうございます。

これからも、このように頑張っている地方を応援したいですね。



広島県だけでなく、地方自治体、各ボランティアの方々も、全員が動物の殺処分ゼロに向けて日々邁進してくださっていて、本当に頭が下がる思いです。
私も、少しずつ頑張らなくては!!!∠(`・ω・´)

興味のある方は、動物を守る活動にご協力ください。

さて、次回は音楽の話題で更新しようかと考えています。
素敵なクリスマスの歌をご紹介します。

朝晩は冷えますので、お風邪などひかぬようご注意ください。