自然の成せる業


やっと春らしい気温が続く季節になりました。

桜は散り始めましたが、ひらひら落ちる桜の花びらがなんと美しいのでしょうね。
花が散るころには、瑞々しい緑の葉が新たな装いを見せてくれます。

桜だけでなく、存在するすべてが春を待っていたかのようです。
この時期、特に”生命”を感じずにはいられません。

私が小学生だった頃、音楽の授業で教えてもらい歌った曲に、
「森は生きている」という曲がありました。

      
         森は生きている
  
     森は生きている
  風だって 雲だって
  小川のせせらぎだって
  生きている


  森は生きている
  氷に閉ざされた
  まつゆき草だって
  生きている


  森と 空を
  私は見た
  生きているものたちの
  笑う声、はなす言葉
  燃えてる火よ あふれる力よ
  森は生きている
  森は生きてる


作詞は 廣波 常敏さん  、作曲は 林 光さんです。 
今でも素敵な曲だな~と思います。

今回の大震災のように、自然の恐ろしさを味わうこともありますが   
自然は、人間に大きな感動を与えてくれていると思います。

土手に咲いている、小さくて気づかれない花も、
花を咲かせない葉っぱだけの草も、
みんな生きているんですね。
よ~く見てみると、
小さな花の色、形、何をとっても美しく、
人間の成せる業ではないと実感してしまいます。

コメント

このブログの人気の投稿

現在の受講生募集状況

新年明けましておめでとうございます